スポンサーサイト

2005年04月05日

ハウルがくる!

いよいよ、ベルギーにもハウルが来るようです。

フランス語の公式ページは、 とてもオシャレですね。

是非、のぞいてみてください。

あちこちにポスターを見かけるようになりました。(やる気の無い写真ですみません)
赤字で日本語の一言がそのまま印刷されてます。(わざとなのかな?)

結構、はやるんじゃないかなぁー!

blogpeople.gif←関連サイトはこちらから!

 

 

posted by ジュリアン at 20:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

▲『小便小僧のつぶやき!』

2005年03月26日

ホラー映画

ベルギーではTheRING2(ハリウッド版)が上映中です。

日本のホラーが世界で話題をよんでますが、漫画家・楳図かずおさん(68)のホラー・コミック6作品が黒沢清監督らによって、 実写映画化されるらしい。映画化されたのは短編集「恐怖劇場」(小学館刊)の収録作など6作品で、黒沢監督の「蟲(むし)たちの家」 は5月のカンヌ映画祭で世界セールスされる予定だとか。。。

私が小学校のときには、怖い漫画として、絶大な人気でした。

フランス語「漂流教室」もあるようで。。。

観てみたいようで、観たくないようで。。。。

blogpeople.gif←関連サイトはこちらから!

posted by ジュリアン at 23:32 | Comment(3) | TrackBack(1) | 映画

▲『小便小僧のつぶやき!』

2005年03月11日

ハウルも何度みてもいいですね。

ハウル」が「もののけ」 抜いて邦画歴代2位に

1位:「千と千尋の神隠し」(平成13年)2350万人
2位: 「ハウルの動く城」(平成14年) 1422万人以上
3位:「もののけ姫」(平成9年) 1422万人

ココのサイトもGOODかも。

ということで、、、

いま、うちの姫様は、ジブリものにはまっています。
「となりのトトロ」、「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」「おもいでぽろぽろ」を入れ替わり観てます。

千と千尋の神隠しは、本編DVDが行方不明で。。。(フランス語の勉強にいいです)

トトロは英語版と日本語版を交互にみてたり。。。。

まとめてみると、声優がだぶっていておもしろい。。

かえる(千) が カルシファー だったり。。。

老婦人(魔女の宅急便) が サリマン(魔法使い)だったり。。。

モロの君(もののけ) が 荒地の魔女 だったり。。。

ほかのジブリでは、

ナウシカ=お母さん(トトロ)=トキ(もののけ)=クラリス=音無響子=ショクパンマンとかね。。。。

blogpeople.gif←関連サイトはこちらから!

posted by ジュリアン at 07:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画

▲『小便小僧のつぶやき!』

2005年03月03日

ウォーターボーイズ

先週でしたが、ベルギーの日本大使館のあるビルの1階で、毎月やっています、日本の映画の上映会にいってきました。

映画「 ウォーターボーイズ」です。

 
8ミリ映画で、フランス語字幕がついています。先月は「たそがれ清兵衛」でしたが、来場者は、前回の70%という感じですか。

自分もはじめてこの映画を見ます。 TVドラマの「ウォーターボーイズ」を見ていたので逆に、 出演者がかなり重なっているので楽しめました。つながっているんですね。。。

埼玉の川越高校で、毎年水泳部が実際にやっているものをベースにしてつくられています。 

映画版は時間が短いので、展開が早く、演技の時間も短いのですが、楽しめましたね。
数人のベルギー人の女性が笑いっぱなしでした。
(お昼のTV番組の大笑いするオバサンがいるみたいでした。)

TVドラマ版は、最後の演技の部分の時間は十分見せてくれますね。

「ウォーターボーイズ2」は更に、演技レベルが上がっていると聞きます。

観てみたい...

日本を外国の人に紹介するという活動は、どんどん続けてほしいと思います。

 

blogpeople.gif←関連サイトはこちらから!

posted by ジュリアン at 05:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

▲『小便小僧のつぶやき!』

2005年02月18日

ハリーポッター:ヴォルデモード卿が関与!

英アマゾン ハリポタファンに誤メール
ヴォルデモード卿が関与か!?

イギリスのアマゾンUK社では、ハリーポッターの新作を予約した顧客に対して送信したEメールに誤りがあったとして謝罪したが、 アマゾンUKでは「マグル(ハリーポッターで魔法の使えない人=人間を指す)のみなさんに、間違ったメールを送ってしまった責任は、 “例のあの人”(ヴォルデモード卿)が関与しているのではないかと調査中です」だそうです。 

洒落てますよね。

大きい会社が、このような洒落た対応ができる、また、それを許せる国民性がいいですね。

ハリーポッターも、安心して見れる映画ですね。(ハッピーエンドなので)
セリフも短いので、英語でも多少ついていける?!

enari.jpg

出演の主人公達がどんどん成長しているので、ハリーポッターのシリーズ3つの映画を一気に見ると、すごい変化ですね。

 

blogpeople.gif←関連サイトはこちらから!

posted by ジュリアン at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

▲『小便小僧のつぶやき!』

 

応援クリックは!

▲小便小僧のつぶやきのトップ▲
スポンサーサイト







となりまちショッピングモール Store-mix.com
★★★いびきは危険です★★★
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。